大阪での二重整形の方法と料金の相場

二重

二重整形の一つである切開法による失敗

女性と花

糸を通して行う手術である埋没法と比べて、メスを使う手術を行う切開法は、皮膚のたるみの程度と眉毛の位置の違いによって失敗が左右されません。逆に、埋没法より目の左右差が出やすい手術なので、元からある目の左右差が失敗に関わりやすくなります。
特に、目の開きを大きくする眼瞼下垂の手術と同時に行うと、目の左右差が出る場合が多いとされています。目の左右差を手術して修正するには、目の左右差の程度により皮膚を切り取る腫れの少ない手術で修正できる場合と、根本的に手術をやり直す場合に分かれています。
また、切開法で二重まぶたを手に入れた際に、手術を受けてから目が閉じなくなることがあります。理由としては、メスで皮膚を切除し過ぎたり、眼瞼下垂の手術で目を開き過ぎたりすることで起こるので、手術を担当した医師の技術不足になります。そのため、目を閉じてもまぶたで覆いきれない感じになるので、目が閉じなくなる違和感を感じることになります。
手術により皮膚を切除し過ぎたことで、失敗を改善するのが難しいとされています。しかし、二重のラインが完成してくる頃には自然と改善されるので、切開法の手術を受けてから半年で目が閉じなくなる違和感から解放されます。メスでまぶたを切って二重まぶたを作る切開法は、実際に手術を行う医師の技術が優れていると失敗を抑えられる二重整形になっています。

おすすめ記事

  • 笑う女性

    一筋のラインは悲劇では無く前向きなもの

    日本人に多いとされる一重瞼は見た目にも重く感じられます。なので一昔前から一重を持つ女性達はアイメイク映えを良くする為に器具を使って二重を作り、美しい目元にして来たのです。しかし毎朝の二重作りは結構面倒なものですし、糊が乾いて二重になる迄はじっとしていなければならないのです。かと言って美容外科クリニックで二重整形手術を受けようものなら、「親から貰った大事な身体に傷を付けるなんて」と言われます。身体にメスを入れるという意味では一理かもしれませんけれど、一重瞼に対する劣等感から落…

    »詳しく見る

  • 女性と花

    二重整形の一つである切開法による失敗

    糸を通して行う手術である埋没法と比べて、メスを使う手術を行う切開法は、皮膚のたるみの程度と眉毛の位置の違いによって失敗が左右されません。逆に、埋没法より目の左右差が出やすい手術なので、元からある目の左右差が失敗に関わりやすくなります。特に、目の開きを大きくする眼瞼下垂の手術と同時に行うと、目の左右差が出る場合が多いとされています。目の左右差を手術して修正するには、目の左右差の程度により皮膚を切り取る腫れの少ない手術で修正できる場合と、根本的に手術をやり直す場合に分かれています。…

    »詳しく見る

  • 黒い髪の女性

    自然な二重なら20万円以上の埋没法

    二重にする手術には代表的な方法として、目頭切開法と埋没法がありますが、自然な二重にしたのであれば埋没法をおすすめします。一重の人なら一度は、二重になりたいと思った経験があるとおもいますが、それと同時に周りにバレたらどうしようと考えるはずです。しかし、しっかりとポイントを守れば、意外にも簡単に自然な二重が作れますよ。私が大事にした事は料金です。片目10万円、両目20万円が綺麗にする最低ラインだと考えてください。安かろう悪かろうではないですが、しっかりとカウンセリング・施術・後日検診と…

    »詳しく見る